【悲惨】一人暮らし未経験の「ベテラン実家暮らし民」の信じられない話

車の廃バッテリーを無料で処分してもらう方法

廃バッテリー処分ブロガーの平野(HiranoLAZY )です。

皆さんは車やバイクのバッテリーを自分で交換しますか?

自分でバッテリーを交換すると、廃バッテリーの処分に困りますよね。

廃バッテリーは自治体の粗大ごみとして捨てることはできず「販売店や処理業者に依頼して処分してください」と言われてしまいます。自分で交換しているので販売店は関係ないのでどうしたらいいかわかりませんよね。

今回はそんな処分に困る廃バッテリーの処理方法について話していきたいと思います。

意外と知らない廃バッテリーの捨て方

車やバイクの廃バッテリーの処分はオートバックスやイエローハットなどの車屋にバッテリーを持っていけば無料で回収してくれます。

店内のスタッフやピットサービスのスタッフに「廃バッテリーの処分をお願いします」と言うだけでOK。

また、ガソリンスタンドでも無料で回収してくれるところもありますが、店舗によっては受け付けていないガソリンスタンドもあるので給油のついでにでも「廃バッテリーって処分してくれますか?」と一言聞いてみたほうがいいでしょう。

基本的にはどこでも『無料』で処分してくれます。

なぜ廃バッテリーを無料で処分してくれるのか

バッテリーは別名『鉛蓄電池(なまりちくでんち)』と言い、中身は『鉛』と『電解液』が入っています。

『鉛』と『電解液』の化学反応によって電力を発生させています。

バッテリーがアホほど重いのは『鉛』が大量に使われているからですね。

車屋やガソリンスタンドには定期的に廃バッテリーを回収する業者が来ます。その際に廃バッテリーを1個数百円で買い取っていきます。

廃バッテリーの買取価格はバッテリーのサイズによりますが、外車に使われるようなクソデカバッテリーだと1,000円近くになるため、なかなかの儲けになります。

車屋やガソリンスタンドが廃バッテリーを無料で処分してくれるのは、「回収した廃バッテリーを業者に買い取ってもらえるから」というわけですね。

もし街で廃バッテリーの処分で困っている人を見かけたら教えてあげてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。