メルカリ関連の記事はコチラ

宅急便コンパクトのサイズオーバーが厳格化、これまで通り梱包すると60サイズになってしまうことも

ヤマト運輸が提供している宅急便コンパクト、通常の宅急便よりも安く送れてメルカリやヤフオクなどで使っている人も多いのではないでしょうか。

そんな宅急便コンパクトでここ最近、送料が通常料金になってしまう人が続出しているようです。

  • 宅急便コンパクトで発送したのに700円の送料が取られた
  • 宅急便コンパクトなのに、なぜか60サイズの料金とられました
  • コンビニから宅急便コンパクトを送ったら店員に間違えられて送料ぼったくられた

今回は宅急便コンパクトで送料が高くなってしまう原因について話していきたいと思います。

宅急便コンパクトの送料が高くなってしまうのはサイズオーバーが原因

はじめに宅急便コンパクトで送れるサイズを見てみましょう。

  • 宅急便コンパクト専用BOXの場合→(たて)20cm(よこ)25cm(高さ)5cm
  • 宅急便コンパクト薄型専用BOXの場合→(たて)24.8cm(よこ)34cm

宅急便コンパクト専用BOXは、サイズに関してかなり緩く「蓋さえ閉まってればOK」、極端な話し、高さ10cmのものを入れても蓋さえしまってれば送れました。料金も、ヤフオクやフリマアプリから発送すれば全国一律380円とかなりリーズナブルでした。

↑このレベルはまだまだ余裕、極端な話、横半分くらいガムテープなんて当たり前でした。

しかしここ最近、サイズに関してかなり厳しくなり、いままでどおりにサイズオーバーのままで送ってしまうと宅急便60サイズとして受け付けられ料金が高くなってしまうように。

ここで問題になるのが、宅急便コンパクトとして受け付けるかどうかはヤマト次第という点です。

コンビニで発送した場合、店員は受け付けてくれたのにドライバーの判断で宅急便60サイズになってしまい、後日売上金が多く引かれていて気づくなんてパターンもあります。なのでサイズが怪しい荷物は集荷に来てもらうか営業所に持ち込んだほうがいいかもしれません。

まとめ

宅急便コンパクトのサイズの厳格化ですが、いままでが異常だっただけでサイズを守るのは当たり前のことなのかもしれませんね。

宅急便コンパクトの薄型の場合は高さの制限が曖昧なため、魔改造すればいけるみたいです。

魔改造とは…?

PUDOステーションで荷物を紛失!?
PUDOステーション「ヤフオクに連絡してください」ヤフオク「ヤマトに連絡してください」ヤマト「伝票番号ないとどうしようもできない」私(白目)
リンク【紛失】PUDOステーションから発送したはずの荷物が無くなった話

2 COMMENTS

匿名

私も昨日コンビニにコンパクトを出しに行って知りました。
店員さんに
「少し高さありますね。(6㎝くらいです)
ヤマトさんはコンパクトのサイズに厳しくなりました。
こちらでコンパクトで受付ても
ヤマトでサイズ変更される事があります。
いいですか?」
と言われました。
それで了解して出しました。
しばらくクロネココンパクトを利用していましたが
定形外とレターパックプラスでの発送に戻します。

返信する

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。