炎上ニュース系はコチラ

イラストオーダーメイドサービス「SKIMA」の使い方

イラストブロガーのヒラノ(HiranoLAZY )です。

皆さんはツイッターやインスタグラムやフェイスブックなどのSNSをやっていますか?

SNSで最初にこだわるポイントはアイコンやヘッダー画像ではないでしょうか?

自分の写真だったりペットの写真もいいですが、最近では「イラストとして書いてもらいたい写真」を送るだけでイラストアイコンにしてくれる 個人間イラストオーダーメイドサービス【SKIMA】 というサービスが流行っているようです。

今回は『SKIMA(スキマ)』というサービスについて話していきたいと思います。

イラストを手軽に売買できる【SKIMA】がすごい

SKIMAとは、SNSのアイコンやロゴだけでなく、ホームページやブログのロゴ、自分の顔写真からイラストとして作成してもらったり、その逆に自分が作ったイラストを販売したりできるサイトです。

このサービスの形態はCOMMISSION(コミッション)と言って、海外ではかなり浸透しています。

SKIMAではイラストのほかにもキャラクターデザイン・デザインの編集・文章・占い・グッズ作成など、様々なサービスを販売・購入することができます。

さらに、販売者と購入者のお金のやりとりはSKIMAが仲介するので安心して取引です。

日本で言えば、絵師と呼ばれる人への仲介をするサービスということです。

イラスト購入の流れ



イラストを依頼・購入の流れを見ていきましょう。

STEP.1
会員登録
まずは こちら から会員登録をします。
STEP.2
購入申請
欲しいイラストやキャラクター・気になった製作者が見つかったら購入申請をします。
STEP.3
購入申請の承認
購入申請が承認されたら、完成イメージや自分の思っていることを製作者と相談しましょう。
STEP.4
支払い方法の選択
支払いはクレジットカードかコンビニ払いとなります。
STEP.5
完成・納品
イラストやキャラクターが納品されたら、仕上がりをチェックしてお互いに評価して終わりになります。

購入の流れについては特に変わったところはありませんね。

製作者に依頼するための最低料金は1,000円からなので価格的にもとってもGOOD!

SKIMAは、こんな人に向いている

  • SNSのアイコンだけなど、ちょっとしたイラストを依頼したい
  • オリジナルのアイコンやロゴが欲しい
  • 同人活動をしているがイラストが無い
  • SNSをやっている友人にオリジナルのイラストをプレゼントしたい
  • 面倒くさい手続きが面倒
  • 絵師に直接指示したい

あー、友人へのイラストのプレゼントなんかおしゃれで面白いですね。

まとめ

SNSのアイコンを自分の似顔絵にしてる人など見かけるとちょっと羨ましくなったりしますよね。

知り合いにイラストが書ける人がいる人なんかは書いてもらっているらしいですが、僕のように特に友達が居ない人はこういうサービスでイラストを有料で書いてもらうのもひとつの手ですね。

ツイッターやインスタグラムなどのSNSを利用して活動している方にとってはオリジナルのアイコンというのは信用度にも関わってくるためかなり重要です。

そんなイラストを手軽に作成してもらえるサービス、これから盛り上がってくるのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。