【悲報】フリマ出品者さん、落札者の家が近所だったため直接手渡しで届けてしまう

【REALFORCE】キーボードを4年ぶりに分解掃除したら引くほど汚れていた話

【REALFORCE】キーボードを4年ぶりに分解掃除したら引くほど汚れていた話

どうも
暇人ブロガーの 平野LAZY(HiranoLAZY )です。

毎日やることがないので今日からブログを書いてこうと思います。

とりあえず最初は僕が数年愛用しているキーボード「REALFORCE 91UBK」を分解して掃除をした時のことをお話していきたいと思います。

この記事を読んで「暇だしキーボードの掃除でもするか」と思ってくれたら幸いです。

REALFORCEを分解して掃除する

キーボードの掃除するまえにキーボードの詳細をお話したいと思います。

「REALFORCE 91UBK」と言いましたが正確には「東プレ NG01B0 REALFORCE91UBK」という名称のようですね。

REALFORCEはキーボードの中でも高級キーボードと呼ばれる部類で値段も2万円~3万円となかなかの値段です。

高いからというわけではありませんが、僕は物を大事にするほうなのでデバイス類は壊れないように丁寧に扱っています。

それでは掃除する前の写真を見ていきましょう。

はい、汚れていますね。自分が一番理解しています。

4年くらい掃除していないのでこんなもんでしょう。

良いように考えれば「えっ!?4年間掃除していないのにこれしか汚れてないの!?」とも言えます。

アップで見ていきましょう。

お菓子を食べながらキーボードを操作するときもあるので、自分で見ても引くほど汚れています。

ここからはしばらく自主規制としてモザイクをかけていきます。

それでは掃除していきましょう。

1.キートップを外す

まずはキートップを外していきます。

キートップを外す専用の道具もありますが、僕は昔からマイナスドライバーでテコの原理のように外していたので今回もマイナスドライバーで外していきたいと思います。

マイナスドライバーがない人は痛いですが指でも外せます。要するに外せればなんでもいいです。あまり無理をすると破壊してしまうので気をつけてください。

キートップを外してみると改めて汚れていますね。

キートップのツメを折らないように気をつけながらやるため結構疲れます。

最後のほうは「疲れた…ツメ折れてもいいから早く終わらせよう…」という精神状態になりましたが無事にすべてのキートップを外しました。

2.キートップを洗う

キートップを外したら洗っていきます。

洗う場所は台所でも洗面台でも川でも海でもどこでも大丈夫です。海だとちょっと塩分が多いかな。

僕の場合は洗面台でボウルに入れて洗いました。

水だけでもいいですが、ポテチの油もあるので中性洗剤(台所用洗剤)で洗っていきます。

川や海で洗おうとしている人は洗剤を使用しないでくださいね。

スポンジを使用してゴシゴシ洗っていきます。

洗ったあとはタオルの上に放置するなどして乾燥させましょう。

一応電子機器なのでキチンと乾かしましょう。

3.キーボードのネジを外して本体を洗う

キートップを乾かしている間に本体のほうも洗っていきましょう。

キートップを外した本体のネジを外していきます。

上の写真の黒いネジとシルバーのネジがあるのですが、撮るのを忘れました。とりあえずネジを外してください。

ネジをすべて外すとキーボードのプレートと基板に別れます。

キーボードにもよりますが、プレートのほうはただの金属板なので丸洗いができます。

チラッとめくると、REALFORCEは静電容量無接点方式なのでこんな感じになっています。

一般的なスイッチを使用していないので壊れにくくREALFORCE特有のタッチ感というわけです。

プレートを洗っていきます。

いらない歯ブラシを使うと綺麗に洗えます。

ゴシゴシ洗っていきますが、なかなか綺麗になりません。

近づいて見てみると…

あー、これは錆びちゃってますね…

これはしょうがない、金属というものはこういうものです。

人間も金属も老化していく、自然の摂理です。

錆以外の汚れを落としたら乾燥させます。

僕のような悲劇を起こさないためにも、皆さんは錆びないようにしっかりと乾燥させてくださいね。

4.REALFORCEの分解、掃除完了

はい、綺麗になりましたね。

組み立て作業の写真を省いていることや、完成後の写真の画質が悪いのに撮り直しをしないあたり、撮影時の疲労が窺えます。

最初の写真と比べるとかなり綺麗になりました。

皆さんも数年に一度くらいはキーボードの掃除をしてみてくださいね。

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。