炎上ニュース系はコチラ

【第4のキャリア】楽天モバイル、自社回線へのユーザー移行予定を告知

【第4のキャリア】楽天モバイル、自社回線へのユーザー移行予定を告知

どうも

楽天モバイルブロガーの 平野(HiranoLAZY )です。

楽天モバイルが、今年10月に予定している『自社ネットワークでのサービス提供』に合わせて、ユーザーの回線を順次移行予定を発表しました。

ついにこの時が迫ってきました。多数の格安SIM業者の中から楽天モバイルを選んで使い続けた我々の先見の明がついに証明される時が来ましたね。

それでは見ていきましょう。

楽天モバイル、自社回線へのユーザー移行予定を告知

楽天モバイルでは現在、ドコモ、auの2社から通信網を借りているMVNO(格安SIM)としてサービスを提供しています。2018年に1.7GHz帯の電波が割り当てられることが正式に決まって以降、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクに続く『第4の携帯キャリア』として注目を集めていました。

通常、携帯電話設備を自社で所有するのは膨大なコストがかかります。しかし楽天モバイルでは、携帯電話設備の様々な部分を汎用のサーバー上で再現する「仮想化」と呼ばれる技術を採用。仮想化ではコストを抑えてアップデートがしやすい利点があります。携帯電話設備の仮想化は他のキャリアでも実施されていますが、すべてを仮想化するのは楽天モバイルが世界初だそうです。

すでに小規模な実証実験でネットワークテストをしており、楽天の三木谷社長は「すでに技術的な課題はクリアした。今後の課題は大規模化したときにちゃんと動作するかの検証と、インターネット上のさまざまなコンテンツにしっかり対応できるかの確認が中心となる」と発言しています。

そんな楽天モバイルでは、自社回線への既存ユーザーに対して、2019年10月以降に自社回線用のSIMカードを順次送付して交換を促す予定です。なお、交換しない場合でもMVNOとして継続しての利用は可能だそうです。

楽天モバイル、新SIMカードの料金プランはどうなる?

気になる新SIMカードでの料金プランですが、『料金プラン』『最低利用期間』ともに、これまでと変わらずに継続されます。

実際の新SIMカードの詳しい送付時期や手続き、変更点などは改めて案内するとのことです。

楽天モバイルユーザーとしては料金プランやサービスの変更なども楽しみだったのですが、変更なしということで少し残念ではありますね。

ただ、自社回線を所有している大手3社に比べると料金は楽天モバイルが抜群に安いのでカルテルを結んでると噂されている大手3社のこれからの動向にも注目です。

参考楽天モバイル

楽天モバイル キャンペーン情報
キャリアのiPhoneは楽天モバイルでも使える!!
あなたのiPhoneが月額基本料1,480円に!!
詳細楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。