メルカリ「いいね!」が付いても売れない時は要注意!あなたを監視する「いいね!モンスター」たち

【オーディオテクニカ】FPSに特化したハイエンドゲーミングヘッドセット「ATH-G1」「ATH-G1WL」レビュー

ゲーミングヘッドセットブロガーの平野(HiranoLAZY )です。

オーディオテクニカから新型ゲーミングヘッドセット「ATH-G1」「ATH-G1WL」が発売されています。

「ATH-G1」がアナログ接続型で、「ATH-G1WL」がワイヤレス接続型です。

デザインはシンプルで、通気性に優れたヘッドパッドとイヤパッドを備えた、高強度で軽量なメタルヘッドバンド構造を採用。

また、どちらも「プロフェッショナル向けのヘッドホンやマイクロホンの設計思想を継承した」とハイエンドモデルを意識しおり、ワイヤレス接続型の「ATH-G1WL」にはバーチャルサラウンド機能搭載、電波干渉に強く遅延の少ない2.4GHz帯ワイヤレスを採用しています。

それでは詳しく見ていきましょう。

超軽量250g&締めつけ感少なく長時間の着用も余裕!新型ゲーミングヘッドセット「ATH-G1」

ついに来ました。オーテクとしては4年半ぶりの新型ゲーミングヘッドセット「ATH-G1」。

実際に装着してみた感想としては、「締めつけ感がとても少なくて楽」「音の定位感がはっきりと聞き取れて敵のいる場所がわかりやすい」という印象。

イヤーパッドがメッシュ素材で通気性に優れているのですが、僕個人としてはヘッドセットは耳に当たる部分もPUレザーで覆ってある完全な密閉型が好きなので、この辺は好き嫌いが分かれるところではあります。

全体的にマットブラックを基調に、とてもシンプルなデザインです。イヤーカップにはブルーの円の中にオーディオテクニカのロゴが記されていますが、僕としてはこのタイプのロゴではなく↓こっちの文字入りのほうが好きです。

外に付けていくわけではないのでデザインはどうでもいいんですけどね(笑)

そして、このグレードのゲーミングヘッドセットとしては重量がとても軽いのもポイント高いです。

これを見ても250gは相当軽いですよね。僕もヘッドセットは色々と持っていますが400g近くなると結構ずっしりと重さを感じてしまい長時間着用していると疲労感が半端ないです。

なので、軽くて締め付けの少ない「ATH-G1」はかなり気に入っています。

ゲームに最適なチューニングを施した大口径45mmドライバーを搭載

ヘッドホンの振動部分であるドライバーは『多くの空気を動かせる方が低音には好ましく、小さければ高音が好ましい』と言う基本原則があります。

一般的なゲーミングヘッドセットでは40mm~50mmのドライバーが多いですが、「ATH-G1」では45mmのドライバーを採用しています。

中間の大きさのドライバーを使うことによって、高音低音のバランスの良い音質に仕上がっています。

また、1,300mWの最大入力性能により、高出力のヘッドホンアンプでも余裕でドライブ可能。迫力に満ちたゲームサウンドを堪能できます。

FPSで重要な音の定位感に優れた実用的な性能

FPSでは、足音や銃声が敵の位置を知るうえで重要な情報になります。

「ATH-G1」は音の定位感にかなり力を入れているようで、実際に僕も試してみましたが上下左右や距離などはっきりと聞き分けることができました。

銃声や爆発音による高音もうるさくなく、どちらかというと重低音のほうが強いですね。

また、ワイヤレスの「ATH-G1WL」では、バーチャルサラウンド機能搭載のため足音や銃声がさらに聞こえやすくなります。

取り外し可能なブーム型マイクロホン

マイクは取り外し可能なブーム型マイクロホンを搭載しています。

繊細かつクリアな音で、チャットやライブストリーミングなど、ゲーム内での音声コミュニケーションが快適に行えます。

また、ケーブルには音量調整ボタンとマイクのミュートスイッチを備えられており片手で簡単に操作することができます。

気になるマイクの音質ですが、指向性が高く、ノイズのないクリアな声を届けることができます。

ワイヤレスの「ATH-G1WL」には、マイクモニター機能が搭載されており、さまざまな音声が飛び交う激しいゲーム環境下でも、自分の声を聴きながら明瞭なコミュニケーションを実現。

まとめ

というわけで今回は、オーディオテクニカのゲーミングヘッドセット「ATH-G1」をレビューしました。

ゲームに最適なチューニングを施しただけあり、FPSゲーマーにオススメなヘッドセットという印象です。

価格はゲーミングヘッドセットの中では高めの23,000円からで、ワイヤレスの「ATH-G1WL」は3万円超えてます(泣)

ゲーミング性能だけでなく音質もいいので音楽を聴く用途でも使えるのが唯一の救いですね。

オーテクのヘッドホン自体が高いですからしょうがないですね。

お金に余裕があるFPSゲーマーは選択肢に入れてもいいんじゃないでしょうか。

・ATH-G1(アナログ接続型)

オーディオテクニカ ゲーミングヘッドセット ATH-G1

オーディオテクニカ ゲーミングヘッドセット ATH-G1

23,630円(07/19 00:29時点)
Amazonの情報を掲載しています

・ATH-G1WL(ワイヤレス接続型)

『ATH-G1』スペック

・ドライバー:φ45mm
・出力音圧レベル:101dB/mW
・再生周波数帯域:5~40,000Hz
・インピーダンス:45Ω
・型式:コンデンサー型
・指向特性:ハイパーカーディオイド
・感度:−43dB(0dB=1V/Pa, 1kHz)
・周波数帯域:30~20,000Hz
・質量(コード除く):約250g/約257g(着脱式マイクロホン含む)
・使用温度範囲:5~40℃
・コード:2.0m
・プラグ:φ3.5mm金メッキステレオ4極ミニ

参考ATH-G1 | ヘッドホン | 一般製品 | オーディオテクニカ

『ATH-G1WL』スペック

・ドライバー:φ45mm
・出力音圧レベル:101dB/mW
・再生周波数帯域:5~40,000Hz
・インピーダンス:45Ω
・電源:DC3.8Vリチウムポリマー電池(内蔵式)
・質量:約290g/約297g(着脱式マイクロホン含む)
・型式:エレクトレットコンデンサー型
・指向特性 :ハイパーカーディオイド
・感度:−43dB(1V/Pa,at1kHz)
・周波数帯域:30~20,000Hz
・最大通信距離:見通しの良い状態で12m以内
・使用周波数帯域:2.4GHz帯(2.404GHz~2.476GHz)
・変調方式:AFH
・伝送帯域:20~24,000Hz
・電源:DC5V(USBバスパワー対応)
・外形寸法:H10×W18×D55mm(コネクター部除く)
・質量:約9g
・対応O:Windows 7、Windows 8.1、Windows 10(32bit/64bit対応)
・macOS High Sierra、Mojave
・USBポート:USB2.0、USB3.0に対応
・充電時間:約7時間
・使用可能時間:連続通信:最大約15時間

参考ATH-G1WL | ヘッドホン | 一般製品 | オーディオテクニカ
画像出典オーディオテクニカ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。